アトランティスの亡霊 アトランティス 亡霊 宇宙艦隊 ナノマシン 人工電子結界 陸戦型戦闘機 先進型機動甲冑 小説 SF 学園 軍事 鬼 悪魔 ミリタリー イラスト 美少女 萌
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティスの亡霊

Ghost of Atlantis

【1-1-5】女生徒との夢の共同生活?

【01】 女生徒との夢の共同生活?

女生徒との夢の共同生活?

    ファミレス・ビックリ・ヤンキーの店内

    【なるみ】
        「ねぇ、新しい先生、どう?」

    【もっちゃん】
        「どうって?」

    【なるみ】
        「新しくやってきたなんだかイケてない教官のことよっ!」
        「ケンジはアイツとチカラで勝負しようとして歯が立たなかったわ。」

    【シャルロット】
        「まぁ相手が王族特権プロテクト保有者ならチカラまかせのケンジでは無理でしょ。」

    【フランシーヌ】
        「しかし、王族関係者ではないのでしょ。」

    【なるみ】
        「大した力もないくせに権力を振りかざすのって、
            なんか超ウザイんだけど。」

    【フランシーヌ】
        「また学校から、たたき出す?」

    【シャルロット】
        「なにかいい案でも?」

    【フランシーヌ】
        「もっちゃんが色仕掛けで先生がその気になったところを押さえて動画をネットで流すのは?」

    【もっちゃん】
        「ちょちょ、ちょっと待ちなさいよ。」
        「なんでアタシなのよ。」
        「アタシなんかより、アンタの方が美人だし、スタイル抜群じゃないのよ。」

    【シャルロット】
        「アイツさぁ、なんかオタクっぽくない?」
        「幼児体型が好みなんぢゃないの ?」

    シャルロットは、グーでどつかれる。
    【シャルロット】
        「ぇえーーーーーん!!!」
        「もっちゃんが、ぶったぁぁぁぁ。」

    【なるみ】
        「見たまま言うからよ。」

    なるみも、グーでどつかれる。
    【なるみ】
        「ぇえーーーーーん!!!」
        「もっちゃんが、暴力するぅ。」

    【もっちゃん】
        「アンタたち、馬鹿なの? 死にたいの?」

    【もっちゃん】
        「アタシだってね、そのうちきっと、ボン、キュッ、ボンなんだからっね!!」

    【シャルロット】
        「もっちゃん、身長158、上から、82-58-86・・・とし18さい」

    【もっちゃん】
        「むっ#」

    【フランシーヌ】
        「シャルロット、身長167、上から、97-59-90・・・とし"14"さい」
        「追いつくのはもう、」

    最後まで言うまでもなく、フランシーヌもグーでどつかれる。
    【フランシーヌ】
        「ふぇえーーーーーん!!!」
        「暴力反対ぃぃぃーーー。」

    【もっちゃん】
        「アナタたちはアタシにケンカ売るつもりなのね。」

    【シャルロット】
        「だって、毎日一生懸命牛乳飲んでるのに・・・。」
        「それを思うと・・・。」
        「不憫で不憫で。。。ぷぷっ!!
    よほど面白いのか涙目で笑いをこらえる。

    【もっちゃん】
        「むっ#」
    【もっちゃん】
        「この口かっ!?」
        「この口が私に宣戦を布告しているのか?」
        「今ここでこの口を切り落とそうかっ!!!」

    笑いをこらえるシャルロットの頬をつねりあげ、片方の手に食器ナイフを振り上げた。

    【シャルロット】
        「いたい、イタイ、堪忍して、堪忍してぇ。」

    【もっちゃん】
        「アナタ、シャルロットと同じ歳よね?」

    【フランシーヌ】
        「そだよ。」
        「どうして?」

    【もっちゃん】
        「まぁ、シャルロットは別として、アナタは見るからに、
            年相応というか、ちょっと触らせなさいよっ!」

    カーデガンの上から両方の胸を軽く掴んでみた。
    【フランシーヌ】
        「きゃーっ!」
        「なにするのよ」
        「お姉さま!」

    軽く掴んだつもりが、かなり手ごたえのある想定外の弾力が跳ね返ってきた。
    【もっちゃん】
        ガーーーーーーーーーンっ!!!!!
        「まっ負けた・・・。」

    椅子にもたれ掛り放心状態となった・・・。

    【なるみ】
        「フランシーヌちゃんは着痩せするタイプなんだ。」
        「もっちゃんに気を使って目立たない服装にしていたのね。」

    【フランシーヌ】
        「内緒にしていたのに。」

    【なるみ】
        「で、さぁ、だれがアイツに色仕掛けするのさぁ?」


    【フランシーヌ】
        「ぅーーーん。」
        「なるみは、どうなのさ?」
        「ホラ、私たちは、14さいだから、いくら見てくれがオンナでも、幼女に手を出すのはあり得ないっしょ?」
        「その点、なるみは17さいでもう大人なんだから、おとなの魅力で先生を誘惑すれば?」
        「いいなぁ、なるみは大人っぽくてセクシーで。」

    【なるみ】
        「ぇえーーー大人の魅力ぅぅーーー???」
        「そぅ? そうかしら?」
        「大人の魅力ねぇ?」
        「えへへ、えへへ、えへへ♪」

    後輩に褒められて壊れた。

    【シャルロット】
        「だめだ・・・なるみは褒められると崩壊するタイプだ。」
        「別の意味で無理っぽい。」

    【フランシーヌ】
        「そうですね。」
        「褒められて冷静さを欠くようじゃ、色仕掛けは無理だ・・・。」

    シャルロットとフランシーヌは、放心状態継続中のもっちゃんと浮かれて上機嫌のなるみを見てため息をついた。

    【シャルロット】
        「私たちが作戦を考えましょうか。」
    【フランシーヌ】
        「仕方ないわね。」

    こうして閉店時間までくだらない作戦会議が続いた。

    同じ時間
    寮の居間で仕事をしている東郷

    【東郷】
        へっくしっ!!

    【セッちゃん】
        「あら先生、風邪ですか?」

    【東郷】
        「ぁ、いや、なんだか、ちよっと寒気が・・・。」

    【セッちゃん】
        「春は寒暖の差が大きいから気を付けてくださいよ。」
        「特に畿央の大和盆地はその差が激しいので初めての人は体調を崩しやすいわ。」

    【まっちゃん】
        「ねぇ、サッチぃ。」
    廊下からまっちゃんが居間に入ってきた。

    【サッチ】
        「なにかしら?」

    【まっちゃん】
        「部活の経費、稼げたんでしょ?」
        「今年の重工学部の予算多めに組めない?」

    【サッチ】
        「無理を言わないの。」
        「運用で得られた資金は、基本的には各クラブ活動からの拠出割合に応じて分配されるわ。」
        「重点強化対象であれば生徒会の予備費から出しますが、重工学部だけいつも予算が突出しているのご存じでしょ。」
        「あなたのところだけあんまり特別扱いはできないのよ。」

    【まっちゃん】
        「そんなぁ・・・。」
        「今年はいろいろと開発計画が目白押しで予算が・・・。」

    そんな会話に私はちょっと割り込んだ。
    【東郷】
        「まっちゃんは、重工学部だっけ?」

    【まっちゃん】
        「ぁ、はい、そうです。」
        「なにか?」

    【東郷】
        「口をはさんでスマン。」
        「その予算の件だが、現在、私が予算をなんとかしようとしているところだ。」
        「いろいろと関係方面と交渉して、資金、資材、人材の協力をお願いしているところなんだ。」

    【まっちゃん】
        「すごーい。」
        「で、どうして先生が?」

    【サッチ】
        「先生が重工学部の顧問になられたのよ。」
        「今まで顧問が不在だったでしょ。」
        「顧問がいないと重工学部は正式なクラブ活動とは認められないわ。」
        「クラブでなくなると予算も大幅に減額されるのよ。」

    【まっちゃん】
        「でも、いままでだって、活動できてたよ。」
    なんか納得いっていない様子。

    【サッチ】
        「それは、生徒会がずーと前の会長のころから黙認していたからよ。」
        「でも、そのままってわけにはいかないでしょう。」
        「だから私が先生にお願いしたのよ。」

    【まっちゃん】
        「さっちありがとう。」
        「あとでお風呂でお背中流させていただきますっ!!」
    と敬礼しておどけてみせた。

    【サッチ】
        「あら、お礼は私ではなくて、」
        「引き受けてくださった先生にしてください。」

    【まっちゃん】
        「せんせい、ありがとう。」

    【東郷】
        「ぃえいぇ。」

    よほどうれしいのかニコニコ笑顔。
    【まっちゃん】
            ・・・。

    私もニコニコ返し。
    【東郷】
            ・・・。

    すこしの沈黙に
    【サッチ】
        「どうしたのかしら?」

    【東郷】
        「ん?」
        「いや、お背中は???」

    【まっちゃん】
        「え"ぇっ!!!」
        「やっぱ、そう来たかっ!!」

    【ナナ】
        「このセクハラ変態教師っ!」
        「おとなしそうな子を狙ってくるとは」
        「やはり油断ならない男ですわっ!」

    【サッチ】
        「あら、なに?」
        「妬いてるの?」
        「そっかぁナナが初めて裸を見せたオトコはせんせいだもんねぇー♪」

    サッチはグーで殴られる。
    【サッチ】
        「イッテテテテテ・・・・。」
        「なんで、パーでなく、グーなのよっ!!」

    【まっちゃん】
        >なんで、パーでなく、グーなのよっ!!
        「ぇ!? そっち???」

    【ナナ】
        「ふん、知らないっ!!」
    プンスカ、怒りながら今を出ていくナナ。

    【サッチ】
        「先生も冗談でもナナの前でセクハラな言動はダメですからね。」
        「天然系だから、ジョークが通じないこともあるから。」

    【東郷】
        「ぇっ!?」
        「ジョーク???」
        「どの部分が?」

    【まっちゃん】【サッチ】
        嗚呼、この人、本気だったんだ・・・。
        やはりサイテーな人かも。


    -----------------------------------------------
    【1-1- *】 END
    -----------------------------------------------
    ■女生徒との夢の共同生活?
    登場人物
    -----------------------------------------------
    【東郷】
    【ナナ】
    【サッチ】
    【ケンジ】
    【マナブ】
    【コンブ】
    【ターニャ】
    【ナターシャ
    【ミーシャ】
    【フクちゃん】
    【サダッチ】
    【ノブちゃん】
    【セッちゃん】
    【レオンハルト
    【トミちゃん】
    【キヨちゃん】
    【まっちゃん】
    【なるみ】
    【もっちゃん】
    【シャルロット】
    【フランシーヌ】
    【ヨシフ】
    【桂昌院翼】
    【松本社長】
    【ちんぴらA】
    【ちんぴらB】
    【ちんぴらC】
    【ちんぴらD】
    【ちんぴらE】
    【ちんぴらF】
    【不審者A】
    【不審者B】
    【不審者C】
    【会社先輩A】
    【会社先輩B】

    ■資料

 アトランティスの亡霊【資料室】

 

RSS Feed Widget